レジデント・アーティスト2016決定!

アーカススタジオで活動する今年度のレジデントアーティストが決定しました!
今年は過去最多となる世界89カ国・地域より656件の応募がありました。厳正なる審査の結果、エルサルバドル、マレーシア、韓国より、それぞれエルネスト・バウティスタ、ガン・シオン・キン、イェン・ノーの3名に決定しました。3名のアーティストは8月25日(木)に来日し、12月12日(月)までの110日間、アーティスト・イン・レジデンスプログラムに参加します。
 

エルネスト・バウティスタ
Ernesto Bautista(エルサルバドル)

ガン・シオン・キン
Gan Siong King(マレーシア)

イェン・ノー
Yen Noh(韓国)

 

なお、公募審査に関しては服部浩之氏(2016年度ゲストキュレーター/インディペンデント・キュレーター)、南條史生氏(アーカスプロジェクトアドヴァイザー/森美術館館長)の2者が行い、3名のアーティストを選出しました。

2016年度の選考結果について

まず、656件という応募総数に驚かされた。秋吉台国際芸術村と国際芸術センター青森[ACAC]を合わせて、約10年間アーティスト・イン・レジデンスの現場に関わってきたが、これだけの件数の応募を経験したことはなかった。日本のレジデンス機関の先駆けとして、アーカスプロジェクトが築いてきた歴史や存在の重要性、アーティストたちからの期待を実感する結果だった。
アーカスプロジェクトは選考過程がユニークで、例えば最終審査まで残ったアーティストに依頼した2分間の自己紹介ビデオは、それ自体とても興味深い資料で、作家のキャラクターも垣間見ることができ、選考を進めるうえで大きな手がかりとなった。応募者の国籍や出身・在住地、年齢層、表現手法など、本当にすべてが多様で、この10年でいわゆるレジデンス慣れしている作家だけでなく、より幅広いアーティストたちがレジデンスの機会を求めていることも感じた。
最終的には、単純に完成度が高い作品を目指すことや滞在制作の明確な目的をもっていることよりも、作家の人間的な魅力や守谷に滞在することで期待される発見や変化の可能性を重視し、プロセスを一緒に作っていけると思われるアーティスト3名を選出した。

服部 浩之
(アーティスト・イン・レジデンスプログラム ゲストキュレーター2016 / インディペンデント・キュレーター)

エルネスト・バウティスタ
(エルサルバドル)


1987年エルサルバドル、サンタ・アナ生まれ、サンサルバドル在住。主な展覧会に「LITTLE STORY OF DEMOCRATIZATION OF FEAR」(ホンジュラス人類博物館,テグシガルパ,ホンジュラス,2015)、「BIENNIAL OF THE FRONTIERS」(タマウリパス現代美術館,タマウリパス,メキシコ,2014)、「X」(エルサルバドル美術館,サンサルバドル,エルサルバドル,2014)などがある。
アメリカのサンタフェ・アート・インスティテュートをはじめ、中国、カナダ、コロンビア、メキシコなど世界各地でアーティスト・イン・レジデンスを経験している。治安が不安定なエルサルバドルに暮らす彼自身の背景に呼応するかたちで、身近にある暴力や死、争いなどを強く意識し、人間の存在や生の本質的意味を探求する。血や銃弾、炎、人骨、刃物など、死や暴力を直接想起させるものを素材とし、社会や政治の諸問題を主題に、彫刻やインスタレーション、映像作品を制作している。

エルネスト・バウティスタ

"MASSES" Object (Lighter, Blood), 2009
(Photo: The Fire Theory)

エルネスト・バウティスタ

"NEW PROMISES" intervention project, 2014-Ongoing
(Photo: The Fire Theory)

エルネスト・バウティスタ

"RELATIONS OF THE DIVIDED BODY"
Object (Two human skulls), 2013
(Photo: The Fire Theory)

ガン・シオン・キン
(マレーシア)


1975年マレーシア、ジョホール生まれ、クアラルンプール在住。1996年マレーシア芸術学院油画専攻修了。主な展覧会に「The Horror The Horror」(Art Printing Works Warehouse,クアラルンプール,マレーシア,2016)、「Looking Ahead」(フェルガナアートスペース,ペナン,マレーシア,2015)、「The Pleasures of Odds and Ends」(FEEKA,クアラルンプール,マレーシア,2014)、「Contemporary Rhetorics 」(ヴァレンタイン・ウィリー・ファインアーツ,クアラルンプール,マレーシア,2010)がある。
マレーシアを中心に作品制作と発表を続ける。作品において「遊び」の感覚を大切にし、笑いやユーモア、喜びを探求する。しかし、その作品は感覚的というより、むしろコンセプチュアルで絵画の根源的構造などを探求するものだ。近作では、展覧会制作そのものをひとつの作品と定義し、ひとりの人物をモデルにした12枚の同じポートレイトを描き、各絵に異なったタイトルを添えることで、人のアイデンティティと文脈の関係やその不確実さを思考するセルフキュレーションによるプロジェクトを実施した。

ガン・シオン・キン

"The Horror The Horror" Mixed media, 2015
(photo : Wee Seng)

ガン・シオン・キン

"Non-Bumiputera" Oil on canvas, 2015
(photo : Wee Seng)

ガン・シオン・キン

"Bodhisattva" Oil on wooden panel, 2013
(photo : OurArtProject)

イェン・ノー
(韓国)


1983年韓国、テグ生まれ、オーストリア、ウィーン在住。2016年ウィーン応用美術大学にてトランスアーツ修士課程修了。主な活動として「To bite the tongue. Swallow. Deep. Deeper」(21世紀館,ウィーン,オーストリア,2016)、「The Essence 15」(キュンストラーハウス,ウィーン,オーストリア,2015)、「Voice Over Three, Part I:The First Letter」(ハイリゲンクロイツァーホーフ,ウィーン,オーストリア,2014)などがある。また2013年にGlogau AIR (ドイツ)のレジデンスプログラムに参加している。
アジア人として欧州に暮らすノーは、言語や翻訳を主題に映像やインスタレーション、レクチャー・パフォーマンスなどの作品を発表する。西欧世界で編まれるテキストがアジアなど非西欧圏へと輸入される際に、翻訳・通訳を通じて、ときに誤読や誤解なども生じるなかで、如何に解釈され、近代化にどのような影響を与えたかを考察している。近年はヴァルター・ベンヤミンによる『翻訳者の使命』というドイツ語のテキストをモチーフにして、翻訳することを介して、ポストコロニアルの諸問題の再考を試みる。

イェン・ノー

"Aveugle Voix" Performance, Installation, 2016
(Photo:Lea Titz)

イェン・ノー

"'A'ā" Performance, Installation, 2016

イェン・ノー

"To Bite the Tongue. Swallow. Deep. Deeper." Performance, Installation, 2015-ongoing
(Photo:Lea Titz)

各レジデントアーティストの詳細については追ってHP上にて公開します。

ゲストキュレーター2016

服部 浩之(インディペンデント・キュレーター)
1978年愛知県生まれ。アジア各地を中心にインディペンデント・キュレーターとして活動中。 2006年早稲田大学大学院修了(建築学)。2009年から2016年まで青森公立大学国際芸術センター青森[ACAC]学芸員。「オルタナティブなあり方」を意識の根底に据え、山口、ハノイ、青森でアートスペースを展開するなど、建築的思考をベースに場をつくり日常生活と公共空間の創造的な関係を探求している。近年の企画に、十和田奥入瀬芸術祭「SURVIVE 〜この惑星の、時間旅行へ」(十和田市現代美術館,奥入瀬地域,2013年)、「Media/Art Kitchen 〜Reality Distortion Field」(インドネシア国立美術館, MAP KL,アヤラ美術館,バンコク芸術文化センター[BACC],国際芸術センター青森[ACAC]ほか,主催:国際交流基金ほか,2013年~2014年)がある。あいちトリエンナーレ2016キュレーター。

※2016年度のレジデンスプログラム公募受付は4月30日をもって終了しました。

2017年度の「アーカスプロジェクト2017いばらき アーティスト・イン・レジデンスプログラム」に関する情報は、2017年3月に本ホームページで公開する予定です。