レジデント・アーティスト2018決定!

アーカススタジオで活動する今年度のレジデントアーティストが決定しました!
今年は世界85カ国・地域より665件の応募がありました。厳選なる審査の結果、トルコよりジハド・ジャネル、米国よりエリカ・セルジ、オランダよりイリカ・ファン・ローンの3名に決定しました。3名のアーティストは8月24日(金)に来日し、12月11日(火)までの110日間、アーティスト・イン・レジデンスプログラムに参加します。

ジハド・ジャネル(トルコ)

エリカ・セルジ(米国)

イリカ・ファン・ローン(オランダ)

 

なお、公募審査に関しては金澤韻氏(ゲストキュレーター2018/インディペンデント・キュレーター/十和田市現代美術館 学芸統括)、南條史生氏(アーカスプロジェクトアドヴァイザー/森美術館館長)、アーカスプロジェクト実行委員会が行い、3名のアーティストを選出しました。

ジハド・ジャネル(トルコ)

ジハド・ジャネル


[主な展示・活動歴]
2018 ‘Hauntology’, ONONO, ロッテルダム, オランダ
2017 ‘DIY Survival Kit’, Corridor Project Space, アムステルダム, オランダ
2017 ‘What Happens to the Geographical Borders When the Lands Itself Moves’, Blitz, ヴァレッタ, マルタ
2017 ‘Recontres Internationales Paris/Berlin’, Haus der Kulturen der Welt, ベルリン, ドイツ
2017 Portfolio Review Award, デュッセルドルフ, ドイツ

ジハド・ジャネル

Abstract Violence
Video, 11′14″, sculpture
2016

ジハド・ジャネル

DIY Survival Kit
Video, 01′52″ loop
2017

ジハド・ジャネル

A Haunted Biscuit and The Spectre of The Glorious Past
Sculpture
2018

1990年、トルコ、イスタンブール生まれ。イスタンブールと、オランダ、ロッテルダムに拠点を置く。マルマラ大学(イスタンブール)でフォト・ジャーナリズムを学んだのち、ロッテルダムのピート・ズワルト・インスティテュートでメディア・デザイン&コミュニケーションを学ぶ。トルコでのフォト・ジャーナリストとしての経験から、戦争の悲惨なイメージを作ること、見せることに含まれる倫理的な課題に自覚的になり、イメージがこれまでにない速度で氾濫する社会でのオルタナティヴな表現方法を模索している。主に戦争、紛争、移民、抵抗といった問題を扱い、これまで、戦争で破壊された街や、そこで採集したオブジェクトをモチーフに、映像、3Dアニメーション、彫刻、インスタレーションを制作、発表してきた。

[選考理由]
「現実をどう表現するか?そもそも私たちはこの視覚文化の時代にあって、現実について語ることができるのか?」というジャネルの問題意識は、戦地に取材したフォト・ジャーナリストとしてのキャリアから導き出されたもので、切実さを感じるものだった。アーカスプロジェクトでは、13世紀にペルシャの学者によって書かれた本に出てくるモンスターと日本の妖怪を調査し、アバターをつくりアニメーション作品を制作する。“他者”の表象と語りの主体をめぐる考察が異文化の中でどのような成果を生み出すのか、大きな期待とともに注目したい。

エリカ・セルジ(米国)

エリカ・セルジ

(Photo by Tyler Jones)


[主な展示・活動歴]
2017 ‘Amber Inclusion’, Low Rence, サンフランシスコ, カリフォルニア州, 米国
2017 ‘Sleepers’, Hel Galery, ニューヨーク, ニューヨーク州, 米国
2016 ‘Laundered Fang’, Springsteen, ボルチモア, メリーランド州, 米国
2016 ‘Wrath Binned Face Pinned’, Et al, サンフランシスコ, カリフォルニア州, 米国
2015 ‘Menswear’, The Still House Group, ブルックリン, ニューヨーク州, 米国

エリカ・セルジ

Entry Right
Sculpture
2016

エリカ・セルジ

Menswear
Installation
2015

エリカ・セルジ

D?alias Backflip
Embroidery and ink on canvas
2016

1990年、アメリカ合衆国、メリーランド州生まれ。ニューヨーク在住。クーパーユニオン(ニューヨーク)でアートを学ぶ。産業製品用に加工された素材に手を加え、物質本来の用途や機能を撹乱するような彫刻を制作している。アルミパイプ、コード、ファブリック、紙など工業的な素材と手工芸的な素材を組み合わせて彫刻やインスタレーションを制作。近年は刺繍を用いた表現も試みる。彫刻を中心にしてはいるが、空間を読みこんだインスタレーションを得意とし、また作品の一部を来場者が切り取って腕に巻くことのできるような表現も試みるなど、その実践は拡大傾向にある。これまで主にアメリカで活動し発表してきた。

[選考理由]
セルッジはプロポーザルでシルクについてのリサーチを挙げた。それは、1)米国における、軍事目的で開発されているクモの糸を吐く蚕についての調査、2)日本での遺伝子組換え蚕についての調査、3)富岡製糸場など養蚕業をめぐる歴史的文脈についての調査である。これらが示唆する視点の広がりと深みが興味深いものであることに加え、これまで自身の制作へのアプローチは「詩的なものだった」と言うセルッジが、素材のひとつとして選んできたファブリックの一種に焦点を当て、社会政治や科学へと視野を広げる、その野心的な挑戦を応援したいと考えた。

イリカ・ファン・ローン(オランダ)

イリカ・ファン・ローン

(Photo by Tim Mintiens)


[主な展示・活動歴]
2018 ‘LABVERDE - Arts Immersion Program in the Amazon', Adolpho Ducke Forest Reserve, マナウス, ブラジル
2017 ‘Helicotrema - Recorded Audio Festival', Palazzo Grassi, ヴェニス, イタリア
2017 ‘2017 Site-Responsive Art Residency & Biennale', I-Park Foundation, イースト・ハダム, コネチカット州, 米国
2016 ‘Breakfast Show', puntWG, アムステルダム, オランダ
2016 ‘Mano Y Mano', Kunsthuis SYB at Intersections - Art Rotterdam, ロッテルダム, オランダ

イリカ・ファン・ローン

Your Brain Has No Smell
Audio-installation, 36′
2017

イリカ・ファン・ローン

A Body Is Not a Part of a Head
Video, 7′49″
2016

イリカ・ファン・ローン

Microcosmic Orbit
Drawing and book (Walden by H.D. Thoreau published by the Scott Library in 1854)
2012

1978年、オランダ、メッペル生まれ。アムステルダム在住。アルテズ美術大学(カンペン)で建築デザインを学び、ヘリット・リートフェルト・アカデミー(アムステルダム)、デ・アトリエ(アムステルダム)でアートを学ぶ。 カナダ、スイス、アメリカなどでレジデンシープログラムに参加。人間と地球との身体的つながり、また、目に見えなかったり間接的にしか感じることのできなかったりする地球内部の活動と、人間の無意識のつながりに関心を持ち、これまでサウンド、映像、写真、またそれらを組み合わせたインスタレーションとして作品を制作、発表してきた。作品では、反復するアクションやリズムを用いることで観る者の知覚を高め、地球の生態系と人間の身体の内部とのつながりを見つける能力を強めるような効果をねらう。

[選考理由]
地質学者や解剖学者のインタビューを作品に取り入れ、科学的な視点と自然環境から得る視覚的、聴覚的な要素、またメタファーを組み合わせることにより、ホリスティックな世界観を表現する。その独特な手法に新鮮さを感じた。今回のプロポーザルは、地球と人間のカップルセラピーをテーマに、茨城の自然をリサーチし作品を作るというもので、地域コミュニティを含んだ周辺環境とのクリエイティブなコミュニケーションが成立することを期待したい。その“コミュニケーション”の形は、私たちが想像しえなかったものになるのかもしれない。

各レジデントアーティストの詳細については追ってHP上にて公開します。

2018年度の選考結果について

今回初めて40歳以下という年齢制限を設けることになり、その結果として応募数の減少が予想されていたが、最終的に665通ものアプリケーションが寄せられたのは喜ばしいことだった。一方、審査に進むと、美術の狭い文脈の中でしか通じないような表現が多く、残念な気持ちになった。誰のための表現なのか、誰に見せたいのか、何を言いたいのか…もちろんいつも答えは簡単には見つからないものだけれど、それでもアーティスト・イン・レジデンスは自己満足の殻、自己保身の殻を破っていく作家の出現に立ち会いたい。その中で今回の3名はコンセプトと表現が合致し、また興味関心のありようが現代的で、より多様なオーディエンスに訴えかける成果を出すのではないかということで選出に至った。

金澤 韻
(ゲストキュレーター2018 / インディペンデント・キュレーター / 十和田市現代美術館 学芸統括)

ゲストキュレーター2018

金澤 韻

金澤 韻(インディペンデント・キュレーター / 十和田市現代美術館 学芸統括)
1973年生まれ。東京藝術大学大学院美術研究科、英国ロイヤル・カレッジ・オブ・アート現代美術キュレーティングコース修了。熊本市現代美術館など公立美術館での12年の勤務を経て、2013年に独立。2017年4月から十和田市現代美術館の学芸統括としても活動。トピックとして、日本の近現代における文化帝国主義、グローバリゼーション、そしてニューメディアアートを扱い、国内外で40以上の展覧会を企画。近年の主な展覧会に「スペクトラム ―いまを見つめ未来を探す」(スパイラル、東京、2015)、KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭(茨城、2016)、「Han Ishu: Drifting Thinker」(MoCA Pavilion、上海、2017)、「ラファエル・ローゼンダール:ジェネロシティ 寛容さの美学」(十和田市現代美術館、青森、2018)、「CHILDHOOD: Another banana day for the dream-fish」(パレ・ド・トーキョー、パリ、2018)など。

※2018年度のレジデンスプログラム公募受付は4月27日をもって終了しました。
2019年度の「アーカスプロジェクト2019いばらき アーティスト・イン・レジデンスプログラム」公募に関する情報は、2019年3月に本ウェブサイトで公開する予定です。

エクスチェンジ・レジデンシー・プログラム2018

[提携団体]
Hospitalfield〈英国〉

[派遣期間]
2018年9月4日 – 10月2日

[推薦員]
堀内奈穂子(NPO法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト]キュレーター)

[選出]
派遣アーティストは、推薦員とアーカスプロジェクト実行委員会が日本国籍を有するアーティストの中から選出。

青柳菜摘

青柳菜摘

Photo by Shintaro Wada


[主な展示・活動歴]
2018「孵化日記 2014-2015」, 第10回恵比寿映像祭, 東京都写真美術館, 東京
2016「孵化日記 2011, 2014-2016」, NTTインターコミュニケーション・センター [ICC], 東京
2016「冨士日記」, NADiff Gallery, 東京
2016「孵化日記 タイワン」, kanzan gallery, 東京
2015 WRO Biennale 2015, ヴロツワフ, ポーランド

青柳菜摘

Calendar story for HouseFriend
Video 30′
2018

青柳菜摘

Incubation Diary 2014-2015
Installation
2015/2018
©The Yebisu International Festival for Art & Alternative Visions 2018: Mapping the Invisible,
Tokyo Photographic Art Museum
Photo by OSHIMA Kenichiro

青柳菜摘

Incubation Diary 2014-2015
Installation
2015/2018
©The Yebisu International Festival for Art & Alternative Visions 2018: Mapping the Invisible,
Tokyo Photographic Art Museum
Photo by OSHIMA Kenichiro

1990年東京都生まれ。東京都在住。2016年東京藝術大学大学院映像研究科メディア映像専攻修了。 ある虫や、身近な人、植物、景観にいたるまであらゆるものの成長の過程を観察する上で、記録メディアや固有の媒体に捉われずにいかに表現することが可能か。作者である自身の見ているものがそのまま表れているように経験させる手段と、観者がその不可能性に気づくことを主題として取り組んでいる。「だつお」というアーティスト名でも活動。東京にてメディアプロダクション「コ本や honkbooks」を主宰。http://datsuo.com/

[推薦理由]
昆虫や植物、身近な環境に着目し、映像や写真とともに観察対象である実際の虫などを展示するインスタレーションは、時に夏休みの自由研究を思わせる規則的な観察過程でありながら、そこに彼女自身の日常の様子が差し込まれることで、観察する側とされる側の存在やそれを記録するメディアが混在し、カオティックな空間がつくり出される。
スコットランドは、広大な湿地帯や鬱蒼とした森林など、手付かずの自然の風景が広がり、魔女や妖精の伝説なども数多く残っている。そうした自然や物語に触れることで、青柳がどのような観察対象を見つけ、彼女自身の日常と折り重ねながら新たな空間を創出するのか、帰国後の表現に期待したい。

高川和也

高川和也


[主な展示・活動歴]
2017「ソーシャリー・エンゲイジド・アート展:社会を動かすアートの新潮流」, 3331 Arts Chiyoda, 東京
2017 アーティスト・イン・レジデンス 京都:Re-Search, 京都
2016「ASK THE SELF」, トーキョーアーツアンドスペース本郷, 東京
2015 3331 ART FAIR 2015, 3331 Arts Chiyoda, 東京

高川和也

Ask the self
Single-channel video installation
2015
©Tokyo Arts and Space
Photo by Kenji Takahashi

高川和也

CONSENSUS
Workshop
2014

高川和也

Practice for identification
Multi-channel video installation
2014

1986年熊本県生まれ、東京都在住。2012年東京藝術大学大学院美術研究科絵画専攻修了。 近年は「情報が対立/結束する空間としての自己」をテーマに、精神病理学や心理学の方法論を参照にしながら映像やドローイング、テキストを使った作品の制作を行う。2017年から始めたプロジェクト《極点の現れ》では、人間が吐き出す言葉の収集やその心理的な作用についてのリサーチを行う。

[推薦理由]
高川は、哲学や精神医学などを参照しながら、「心理実験」ともいえる作品に取り組んでいる。そこからは、自己の他者性や捉えがたい曖昧な「存在」を少しでも引き寄せ、「理解不能」な他者への感覚を研ぎ澄ませようとする試みが見られる。
近年は、「絶望に耐えるための言葉」をテーマに、戦争体験者の手記やうつ病を抱えた若者の日記、在日のアイデンティティを持つラッパーの表現など、異なる時代、場所、体験から紡ぎ出される言葉を収集している。
本プログラムでスコットランドに滞在し、引き続き同テーマでリサーチを続けることで、コミュニケーションの分断や翻訳の不可能性の先にある、重層的で複雑な他者への想像力へとつながることを期待したい。