青柳菜摘 / Natsumi Aoyagi

  • 派遣年2018年度派遣アーティスト
  • 出身1990年日本生まれ
  • 国籍日本
  • 派遣先Hospitalfield 〈英国〉
  • 派遣期間2018年9月4日 – 10月2日(29日)
  • ウェブサイトhttp://datsuo.com/

1990年東京都生まれ。東京都在住。2016年東京藝術大学大学院映像研究科メディア映像専攻修了。 ある虫や、身近な人、植物、景観にいたるまであらゆるものの成長の過程を観察する上で、記録メディアや固有の媒体に捉われずにいかに表現することが可能か。作者である自身の見ているものがそのまま表れているように経験させる手段と、観者がその不可能性に気づくことを主題として取り組んでいる。「だつお」というアーティスト名でも活動。
東京にてメディアプロダクション「コ本や honkbooks」を主宰。

[主な展示・活動歴]
2018「孵化日記 2014-2015」, 第10回恵比寿映像祭, 東京都写真美術館, 東京
2016「孵化日記 2011, 2014-2016」, NTTインターコミュニケーション・センター [ICC], 東京
2016「冨士日記」, NADiff Gallery, 東京
2016「孵化日記 タイワン」, kanzan gallery, 東京
2015 WRO Biennale 2015, ヴロツワフ, ポーランド

<推薦理由>
昆虫や植物、身近な環境に着目し、映像や写真とともに観察対象である実際の虫などを展示するインスタレーションは、時に夏休みの自由研究を思わせる規則的な観察過程でありながら、そこに彼女自身の日常の様子が差し込まれることで、観察する側とされる側の存在やそれを記録するメディアが混在し、カオティックな空間がつくり出される。
スコットランドは、広大な湿地帯や鬱蒼とした森林など、手付かずの自然の風景が広がり、魔女や妖精の伝説なども数多く残っている。そうした自然や物語に触れることで、青柳がどのような観察対象を見つけ、彼女自身の日常と折り重ねながら新たな空間を創出するのか、帰国後の表現に期待したい。

堀内奈穂子

これまでの作品画像を見る
活動の様子画像を見る

エクスチェンジプログラム2018

青柳菜摘〈日本〉

派遣アーティスト2018

高川和也〈日本〉

派遣アーティスト2018

レズリー・ヤング〈英国〉

招聘キュレーター2018