ドナルド・アバド / Donald ABAD

  • 招聘年2007年度レジデント・アーティスト
  • 出身1978年フランス・パリ生まれ
  • 国籍フランス / パリ在住
  • ホームページ http://www.donaldabad.com/
滞在制作にあたって

「アーカスの滞在は、僕の旅路の一部となるものです。この旅は、たくさんの山を越え、いくつもの道を通り抜ける、長い道のりです。リアルな世界とバーチャルな世界との間を移動し、ローカルなつながりとグローバルなつながりの間を行き来し、センサーでとらえられたデータは、音やビデオに変換されます。最終的に日本を発つ前に、ネットワークとは何なのか、ネットワークの一部になるというのはどういうことか、どうしたらコネクションをみつけだせるのか、またはそのどれもから自由になるにはどうすればいいのか、などをご紹介したいと思っています。道が途切れた時、その時に僕自身が道となるのです。」

森にスピーカー、センサーなどを仕掛け、 空間の一角そのものを人の動きを感知するインタラクティブな装置に変容させるなど、新しい技術と自然、身体を関係させる作品を制作。 数年前の日本訪問以来、山伏や妖怪など日本独自の文化に興味を持ち、研究をつづけてきた。 今回の滞在では、日本アルプスへの入山も予定しており、自然とメディアテクノロジーとの関係についてさらに検証し、作品化する。

これまでの作品画像を見る
オープンスタジオ画像を見る

2007

ドナルド・アバド〈フランス〉

スリニヴァサ=プラサード・バンガロール〈インド〉

デビー・ハン〈米国〉

リ・スーフィ(李 思慧)〈台湾〉

椎名 勇仁〈日本〉