ワン・テ=ユ / Wang Te-Yu

  • 招聘年2000年度レジデント・アーティスト
  • 滞在期間00年09月05日-12月18日
  • 国籍台湾

略歴
1970年台湾・新竹生まれ、台北在住。1993年に国立芸術学院(台北)を卒業、美術学士。

活動概要
スタジオ内に大きなバルーンを膨らませ、スタジオの壁とバルーンとの隙間に入って作品を鑑賞し、体験できるようにした。また、白い布や紙、農業用のシートなどをスタジオに貼ったインスタレーションでは、「場」に残る記憶や気配を象徴化し、視覚化することを試みた。

活動実績
レクチャー
00年09月30日(土)13:00-15:30
アーカススタジオ
参加者約20名
中国語の原文とその日本語訳、更に日本語から英語へ翻訳された文章を読み上げていき、翻訳の過程で意味が変わったり、本当は意味を成していない外国語の文章を朗読しても、その言葉を解さない人には気付かれないことなど、アーティストが感じることばへの疑問、また、内容が意味不明でもコミュニケーションを図るため理解しようと努力する姿勢を実践した。

ワークショップ「空気と遊ぼう」
00年10月25日(水)13:30-15:30
守谷町立高野小学校
6年生60名
児童が持ち寄ったビニール袋を切り開いて張り合わせた巨大なシートで遊ぶワークショップ。その後、これを拡張したエアバルーンを制作。

ワークショップ「可視的部分」
00年12月02日(土)13:30-16:00
アーカススタジオ
旧大井沢小学校卒業生と関係者約30名
旧大井沢小学校卒業生や元校長先生などを対象に、椅子を使用してインスタレーションを制作。思い出深い場所で記憶を回想するワークショップ。

スタジオ公開
00年09月23日(土)・24日(日)/10月21日(土)・22日(日)/11月25日(土)・
26日(日)
アーカススタジオ

プロジェクトルーム公開
00年12月09日(土)-01年01月28日(日)
アーカススタジオ

コラボレーションワークショップ
第1部「EAT」 第2部「SLEEP」

00年11月26日(日)12:00-15:30
アーカススタジオ
参加者約35名
人々に身近な「食べる」と「寝る」という文化に注目し、招聘されたアーティストの出身国の文化を体験するワークショップ。

2000

ブラッド・ブラウン〈米国〉

眞島 竜男〈日本〉

ディディエ・トレネ〈フランス〉

ワン・テ=ユ〈台湾〉