ジェイソン・リム / Jason Lim

  • 招聘年1995年度レジデント・アーティスト
  • 滞在期間95年09月25日- 12月22日
  • 国籍シンガポール

略歴
1966年シンガポール生まれ、同国在住。2003年にロイヤル・メルボルン・インスティトゥート・オブ・テクノロジー大学(オーストラリア)を卒業、美術修士。

活動概要
県内の学校(中学、高校、大学)でパフォーマンス、ワークショップを開催。スタジオでは、「記憶」をテーマとしたインスタレーション( 共にタイトルは《無題(untitled)》)数点を制作した。

活動実績
レクチャー
95年12月14日(木)13:00-16:15
東京藝術大学取手校地(取手市)
東京藝術大学学生約30名
90年以降、素材を使ったものから、パフォーマンスへと作品が変遷していった過程をビデオとスライドを交えつつ、解説した。また、パフォーマンス《突然襲う緊張(Swooping Intension)》も行なった。

ワークショップ
95年12月06日(水)13:00-14:30
守谷町立愛宕中学校1年5組40名
同年1月17日に発生した阪神淡路大震災にちなんで被害者数と同じ数の手形を描いた。

ワークショップ「記憶の模写」
95年12月10日(日)
アーカススタジオ
参加者約30名
参加者は一列に並び、アーティストが録音してきた町の音を聞いて浮かんだイメージを、前の人の背中に描いた。

ワークショップ「アーカスプラン '95 人型1000人プロジェクト(ARCUS Plan '95 1000 Human Figurines Project)」
95年11月19日(日)
常総学院高校学園祭会場(土浦市)
高校生約400名
アーティストが物語を語り、参加者には地面にねそべってもらい人型を描き、最後に大きな植物の絵を完成させた。

スタジオ公開
95年11月26日(日)/12月03日(日)・07日(木)・10日(日)、96年01月14日(日)
アーカススタジオ

プロジェクトルーム公開
96年01月23日(火)-02月12日(月)
アーカススタジオ

1995

スティーヴン・アンドリュース〈カナダ〉

ウィチット・アピチャートクリエンクラーイ〈タイ〉

エヴァ・ガーバー〈米国〉

ジェイソン・リム〈シンガポール〉

ジャン・ナムヨン〈韓国〉