Mar 21, 16:15

ARCUS Project Archive Guideline / Finding Aids information

Archive Materials from ARCUS Project 1994–2011 

ARCUS Project is currently engaged in a project to catalog the records of its 26 years of activities, with the aim of designing and building a publicly viewable archive that contributes to the future appraisal and content of the Artist-in-Residence Program as well as the creation of culture in the region. There is, however, no precedent in Japan for how to regulate the accessibility of resources related to artist residencies. Anticipating the values of this task 50 or 100 years hence from the perspectives of community development, art history, and the history of government cultural policy, preparations are proceeding toward a phased opening of the archive by documenting over 5,000 photographs including slides from the early period of ARCUS Project as well as the past 25 years of press clippings, and cataloging the materials from the activities of the resident artists.

Sorry, only in Japanese is available now, (Eng version is underconstruction.)

1. はじめに
アーカスプロジェクトでは、2020年度よりアーカイブ資料の閲覧ガイドライン*を公開し、アーカイブの運用を開始します。アーカイブには、活動する過程で作成した記録を整理・保存・活用し、未来に伝えていく役割があります。閲覧ガイドラインをご参照の上、ぜひアーカスプロジェクトの25年を超える活動が詰まったアーカイブ資料をご活用ください。


保管の経緯と公開・活用の目的
アーカスプロジェクトと特定非営利活動法人アート&ソサイエティ研究センターは、2015年2月から資料の調査・アーカイブ化(目録化)に着手し、資料整備を行ないました。対象となる資料は、アーカススタジオ(茨城県守谷市)で1994年より保管されてきたアーカスプロジェクトの活動に関わる資料群**です。特に、活動拠点であるアーカススタジオで作成・収受した、アーティスト・イン・レジデンス活動や滞在アーティストに関連する資料を中心として選別してきました。
キャリアの初期段階で参加したアーティストたちの多くは、後に世界各国の美術館での展覧会や、ビエンナーレ、トリエンナーレなどの国際展に参加し、活躍しています。
当アーカイブ資料は、滞在アーティストの初期キャリアを知りうる一次資料が残されてきており、関係者や研究者に対し有益な知識や情報を提供します。
当アーカイブ化の取組みは、資料群を散逸させず、良好なコンディションで保存していくことで、アーカスプロジェクトの蓄積や実績の伝達と継承を実現するとともに、多くの市民・研究者・アーティストが当アーカイブ資料を活用できる機会を創出することを目指しています。


2. アーカイブ・ガイドとは
アーカイブ・ガイドは、アーカスプロジェクトの活動資料を閲覧希望する利用者の皆様へ向けた情報です。滞在アーティスト情報や活動資料を事前申し込みにより閲覧することができます。詳しくは、
4. 利用の仕方 を参照ください。


アーカイブ・ガイド / Finding Aids
20200331_ArchiveGuide_Finding%20Aids.jpg







3. 階層図イメージと運営組織

階層図イメージ
アーカイブ・ガイドの 3.3.4「編成方法」および 3.4.1「利用条件」等を図示したものです。

3Series_map.jpg

Establishment and administration of an organization

The organizational structure of the ARCUS Project has changed, such as moving to the administration committee through the concept stage / pre-project discussed within the Ibaraki Prefectural Office, and then the outsourced project. Although the management body has changed, the activity form centered on the two pillars of the Artist-in-Residence program and the Local program for residents in Southwest Ibaraki region has been consistently continued.

1)1992〜1994|Conceptual stage from 1992, Pre-Project hold in 1994.
2)1995〜2000|Pilot Project, Tsutomu Okada Director
, Wacoal Art center/SPIRAL
3)2000〜2002|Misa Shin Director, ARCUS Project Administration Committee launched.
4)2003〜2006|Aki Hoashi Director
5)2007〜2009|Mizuki Endo Director
6)2010〜2011|Mami Odai Director

7)2012〜2018|Guest curator system operated by Coordinators.
[Coordinators]
Gosuke Sugiyama (2009-2012), 2012 Chief Coordinator
Ryota Tomoshige (2012-17), 2013-17 Chief Coordinator
Mizuho Ishii (2012-21), 2019-21 Project Manager
Yumiko Fujimoto (2013- ),
Aruma Toyama (2017-21)

[ Year|Guest curators ]
2012|Che Kyongfa [Museum of Contemporary Art Tokyo, MOT / profile]
2013|Naoko Horiuchi [Arts Initiative Tokyo / AIT/ profile ]
2014|Mihoko Mishikawa [Museum of Contemporary Art Tokyo, MOT / profile]
2015|Shihoko Iida [Independent Curator / profile]
2016|Hiroyuki Hattori [Independent Curator/ profile]
2017|Kenichi Kondo [ Mori Art Museum / profile]
2018|Kodama Kanazawa [Independent Curator / Chief curator, Towada Art Center / profile]

8)2019〜  |Shift to Director System

This archive was created during the period from the initial concept stage to 1) - 6), which was implemented under the director system, and the materials generated were investigated, organized, and systematized.

ARCUS Project Administration Committee is composed mainly of the Ibaraki Prefectural Government, in partnership with Moriya City, and the Ibaraki International Association. The Office is set up in the Regional Development Division, Department of Policy Planning, Ibaraki Prefecture (as of 2021). The project planning and operation of the ARCUS project is carried out by the director, project manager, and coordinators working at the ARCUS Studio.


4. 利用の仕方(利用者のための情報、申請手順)

閲覧をご希望の方は、以下より利用及び申請に必要なファイルをダウンロードしてください。

申請及び利用手順
公開用資料リストPDF
閲覧申請書WORD/ PDF

他の検索手段
アーカスプロジェクトが発行するカタログ・記録集の一部は茨城県内の図書館、国会図書館、美術館・アート施設の図書館で閲覧可能です。次の施設にはアーカスプロジェクトからカタログ・記録集などを寄贈しており、検索・閲覧ができます。

- Moriya Library(Moriya City)
-Ibaraki Prefectual Archive and Museum(Mito City)
-3331 Arts Chiyoda ROOM302 Archive Center (Chiyoda-ku, Tokyo)


--------------------------
注釈:

*閲覧ガイドライン:
閲覧ガイドラインとは、アーカイブ資料の保存活用の方針についてまとめ、運用方法を示した、閲覧利用者へ向けた利用案内(Finding Aids =探索補助手段)を指します。

**資料群:
アーカスプロジェクトの資料群は、アーカイブズの種類では「組織アーカイブズ」に属します。

[アーカイブズの種類は大きく2つに分けられ、組織アーカイブズ (Institutional archives)は、自らの組織が作成/収受した資料を保存すること。もうひとつは、収集アーカイブズ(Collecting archives:個人、家族、団体など広く資料を収集すること)があります。]
(松崎裕子「序章 世界のビジネスアーカイブズ:多様な価値を持つ、経営・業務に貢献するツール」、公益財団法人 渋沢栄一記念財団 実業史研究情報センター 編『世界のビジネス・アーカイブズ:企業価値の源泉』日外アソシエーツ、2012年、pp.1-13)


Open Call

Information

Support for ARCUS Project 2021 IBARAKI

ARCUS Project Archive Guideline / Finding Aids information

Call for ARCUS Supporter!

We are supported by local supporters.
Please feel free to contact us regarding activities!

ARCUS Archive Project

« Return