レズリー・ヤング / Lesley Young

  • 招聘年2018年度招聘キュレーター
  • 出身1974年英国生まれ
  • 国籍英国
  • 招聘期間2019年2月19日-3月6日(16日)
  • ウェブサイトhttp://www.chapterthirteen.info/

レズリー・ヤングはスコットランドのグラスゴーを拠点に現代アートの領域で活動するキュレーター。ヤングは現在、エディンバラ・スカルプチャー・ワークショップのプログラム・コーディネーターとして、レジデンスプログラムの滞在アーティスト、スタジオ利用者やメンバー、市民に向けたプログラムに取り組んでいる。また、2017年にグラスゴーで設立されたキュレーター・コレクティブChapter Thirteenの創立メンバーでもある。
2006年にマンチェスターのビジュアル・アートのインフラを探求、批評するために、James N. Hutchinsonと共に、キュレーター・エージェンシーThe Salford Restoration Officeを設立。その後キュレーターとしてArtur Żmijewski、Jeremy Deller、Dan Shipsideの展示に携ってきた。 その他にも、読書会「Reading Capital」、Imogen StidworthyとDirk Fleischmannらと共にマンチェスター・メトロポリタン大学で実施した若手アーティストやキュレーターのための教育プロジェクト「Centrifuge」、Katya Sanderと共にマンチェスター大学で実施した一般市民向けのプロジェクトなどがある。2014年から2017年にかけて、グラスゴー美術大学とグラスゴー大学が共同で運営しているMLitt Curatorial Practice (Contemporary Art) で教鞭をとった。
またEsra ErsenとArtur Żmijewskiの作品に関する執筆のほか、『Towards a City Observatory』(Collective Gallery, エディンバラ, 2017)へも寄稿している。

活動の様子画像を見る

エクスチェンジプログラム2018

青柳菜摘〈日本〉

派遣アーティスト2018

高川和也〈日本〉

派遣アーティスト2018

レズリー・ヤング〈英国〉

招聘キュレーター2018