磯村 暖 / Dan Isomura

1992年東京生まれ、東京在住。2016年東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻卒業。2017年ゲンロン カオス*ラウンジ 新芸術校第2期卒業(卒業時 金賞受賞)。
主な活動に、ロンドンと東京でのレジデンスプログラム参加中に行なった個展「Two glasses of water/2000000000000000000000000 water molecules」(The Vitrine, Central Saint Martins, ロンドン, 2017)、「A glass of water/1000000000000000000000000 water molecules」(遊工房, 東京, 2017)や、KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭プレ企画「藝大子アートプロジェクト」への参加などがある。また2016年より自宅でパーティーを度々主催し、2017年にネパール人移民と共に行なったパーティー《HOME PARTY#1》をギャラリー空間内で再構築、再解釈したインスタレーション《HOME PARTY#2》(カオス*ラウンジ五反田アトリエ, 東京, 2017)を発表した。
現在磯村はグローバリズムの転換期の景色を見つめ、訪れた土地や日本で出会う移民たちの故郷のヴァナキュラーな文化や宗教美術、物理学、SNS上の美学等を参照してインスタレーションや絵画を制作している。

<推薦理由>
近年の作品で磯村は、タイの現代宗教美術に内在する善悪の宗教観や、日本に滞在している難民申請者たちなどを取り上げ、キッチュかつユーモラスな表現で、私たちの眼差しに根深く存在する「こちら側」と「あちら側」といった境界を批評する。その制作において、磯村が向き合う対象との絶妙な距離感やコミュニケーションを成り立たせているのは、彼が自らや日本社会をも対象化する眼差しを持ち合わせているからではないだろうか。
あらゆる境界線や区分が曖昧になりながらも、一方ではそれらが過剰に強化される現在の状況に、独特の視座から着目する磯村が、台湾で何を展開するのか期待したい。

チェ・キョンファ(崔敬華)
推薦員/東京都現代美術館 学芸員

これまでの作品画像を見る
活動の様子画像を見る
オープンスタジオ画像を見る

エクスチェンジプログラム2017

磯村 暖〈日本〉

派遣アーティスト2017

mamoru〈日本〉

派遣アーティスト2017

ホゥ・ユークァン〈台湾〉

招聘キュレーター2017