ゲストキュレーター 2015

飯田志保子 / Shihoko Iida

    キュレーター/東京藝術大学美術学部先端芸術表現科准教授

    1998年の開館準備期から2009年まで東京オペラシティアートギャラリーに勤務。2009年から2011年までオーストラリアにてクイーンズランド州立美術館内の研究機関ACAPAに客員キュレーターとして在籍後、韓国政府主催CPIプログラムにより2011年度インターナショナル・フェローシップ・リサーチャーとしてソウルに滞在。帰国後、近年は「第15回アジアン・アート・ビエンナーレ・バングラデシュ2012」、「あいちトリエンナーレ2013」、「札幌国際芸術祭2014」など国際展のキュレーターを歴任。キュレーターとして展覧会企画、寄稿、講義などの活動を行う傍ら、2014年10月より東京藝術大学美術学部先端芸術表現科准教授。