リスティヨ=エコ・ハルタント / Ristyo Eko Hartanto

  • 招聘年2003年度レジデント・アーティスト
  • 滞在期間03年9月20日-12月18日
  • 国籍インドネシア

略歴
1973年インドネシア・バンドゥン生まれ、同市在住。1998年にバンドゥン工科大学を卒業、美術学士。1999年にフィリップ・モリス・アセアン・アート・アワード審査員賞受賞。2001-02年にライクスアカデミー(アムステルダム)に在籍。2001年よりバンドゥン・センター・フォー・ニュー・メディア・アーツに在籍。

活動概要
個人的な傷の記憶と集団的な傷の記憶とが重なり合う「戦争の記憶」をテーマに、第二次世界大戦体験者の聞き取り調査を実施。調査結果をもとにインスタレーション作品《冷たい記憶》 を制作した。また、幼いころから親しんできた日本の漫画のキャラクターに着想を得て、守谷市内の剣道部員や若者をモデルに、彼らが木刀を構える姿を写真撮影し、それをもとにドローイングを制作した。

活動実績
キッズ・デイ・ワークショップ@アーカススタジオ
03年11月7日(金)9:30-11:30
守谷市立郷州小学校3年生64名
児童は事前に第二次世界大戦中の生活体験を家族へのインタビューや本等で調べ、アーティストに調査結果を発表した後、その内容を絵に描いた。

オープンスタジオ
03年11月22日(土)-24日(月・祝)・29日(土)・30日(日)/12月6日(土)・7日(日)

特別協力イベント
シンポジウム「At Home/Not at Home? アーティスト・イン・レジデンス最新事情」

03年11月9日(日)13:00-19:00
ポーラミュージアムアネックス
東京都中央区 / 参加者97名
[主催]NPO法人アーツイニシアティヴトウキョウ(AIT)
[後援]独立行政法人国際交流基金、スウェーデン大使館、東京アメリカン・センター、ベトナム社会主義共和国大使館、スペイン大使館、オランダ王国大使館
[協賛]ポーラミュージアムアネックス
[特別協力]アーカスプロジェクト実行委員会
[協力]現代美術製作所、RICE+

2003

サンフォード・ビガーズ〈米国〉

アリシア・フラミス〈スペイン〉

リスティヨ=エコ・ハルタント〈インドネシア〉

小泉 明郎〈日本〉

レ=トゥア・ティエン〈ヴェトナム〉