2018年11月24日(土) 17:30 - 19:00

上映会

OPEN STUDIOS関連プログラム

今年度のエクスチェンジ・レジデンシー・プログラムで英国スコットランドへ派遣したアーティスト2名の過去映像作品を上映します。

----------------
[アーティスト・上映作品]
青柳菜摘
《家の友のための暦物語》(2018)

高川和也
《Ask the self》(2015)




【アーティスト】

aoyagi_potrait_1x1.jpg
Photo by Shintaro Wada
青柳菜摘 Natsumi Aoyagi
1990年東京都生まれ。東京都在住。2016年東京藝術大学大学院映像研究科メディア映像専攻修了。 ある虫や、身近な人、植物、景観にいたるまであらゆるものの成長の過程を観察する上で、記録メディアや固有の媒体に捉われずにいかに表現することが可能か。作者である自身の見ているものがそのまま表れているように経験させる手段と、観者がその不可能性に気づくことを主題として取り組んでいる。「だつお」というアーティスト名でも活動。東京にてメディアプロダクション「コ本や honkbooks」を主宰。Website


Portrait.jpg

高川和也 Kazuya Takagawa
1986年熊本県生まれ、東京都在住。2012年東京藝術大学大学院美術研究科絵画専攻修了。 近年は「情報が対立/結束する空間としての自己」をテーマに、精神病理学や心理学の方法論を参照にしながら映像やドローイング、テキストを使った作品の制作を行う。2017年から始めたプロジェクト《極点の現れ》では、人間が吐き出す言葉の収集やその心理的な作用についてのリサーチを行う。


Calendar%20story%20for%20HouseFriend.jpgCalendar story for HouseFriend
Video 30′, 2018

Ask%20the%20self.jpg
Ask the self
Single-channel video installation, 2015
©Tokyo Arts and Space  Photo by Kenji Takahashi