2018年1月24日(水)-2月1日(木)

ARCUS アニュアル 2017

カーティス・タム《Center for Cellular Alignment (Ibaraki Prefecture Government Building)》&「アーカスプロジェクト2017 アーティスト・イン・レジデンスプログラム」展示 at 茨城県庁

今年度のアーカスプロジェクトの活動を振り返る展示として「ARCUSアニュアル2017」を茨城県庁で開催します。本展示は、茨城県南の守谷市を拠点とするアーカスプロジェクトが水戸市で活動の一部をご紹介する機会です。

2F県民情報センターにて、2017年度レジデント・アーティスト、フリエッタ・アギナコ(メキシコ)&サラ・ドゥムーン(ベルギー)、ダニエル・ニコラエ・ジャモ(ルーマニア)、カーティス・タム(米国)の茨城県守谷市での滞在制作の過程や、オープンスタジオの様子を写真でご紹介いたします。(裏面も是非お見逃しなく!)

そして県民ホールでは、その3組の招聘アーティストのなかから、カーティス・タムによる本展示のために特別に制作した音響作品を毎日17:15より流します。(土日を除く)
日本で収集したさまざまな音源のなかでも、今回は特に、桜川市真壁町の小田部鋳造株式会社様製造の梵鐘の音を中心に制作しました。
ぜひ、25分間ご堪能ください。


カーティス・タムの滞在中のリサーチ・制作過程のブログはこちら。

9/26 カーティス 小田部鋳造製造の梵鐘の録音と工場の見学
11/9 鋳込みの撮影

IMG_1932.JPG IMG_1900.JPG IMG_1916.JPG