2017年11月25日(土) 16:30-18:00

スタジオトーク×南條史生

オープンスタジオ関連企画

アーティスト3組と南條史生氏が、制作について各スタジオでトークを開催します。

アーカスプロジェクトは現代芸術分野に特化したアーティスト・イン・レジデンスプログラムとして、これまで33カ国・地域から100組のアーティストを招聘し、若手アーティストに制作に専念する時間と環境を提供することで、アーティストの支援と育成をはかってきました。
今年度は、3組の公募による招聘枠に対して、85カ国・地域から717件の過去最多の応募があり、国際的な舞台へアーティストを輩出する登竜門(ARCUSとはラテン語で「門」の意。) として広く認知されています。

スタジオトークでは、アーカスプロジェクトの長年のアドヴァイザーであり、公募の審査にも携わっている南條氏を迎えます。ぜひ、レジデントアーティストのスタジオを回りながら各アーティストの滞在中の制作過程について聞いてみませんか?

司会:近藤健一

【 2017年度招聘アーティスト 】
フリエッタ・アギナコ&サラ・ドゥムーン
[メキシコ/ベルギー]

sarah_julieta_small_Trim_forPR.jpg


ダニエル・ニコラエ・ジャモ [ルーマニア]
       daniel_djamo_portrait.jpg



カーティス・タム [米国]
Curtis.jpg

【 ゲスト 】
南條史生
アーカスプロジェクトアドヴァイザー|森美術館館長
1994-MrNanjo_MG_8341resized.jpg

【 司会/ゲストキュレーター2017 】
近藤 健一
森美術館キュレーター
KenKondo_small_forPR.jpg