2017年2017年11月9日(木) - 26日(日) 13:00-19:00 (12,13,19,20の日・月曜除く)

パメラン・ウォール Vol. 4 - ‘Doors’ 2017 ver.

稲垣智子

アーカススタジオ図書サロンの展示スペース、パメラン・ウォールの第4回目は、アーティスト稲垣智子による、映像インスタレーションを展示いたします。

_____________

Project ‘Doors’ は2013年から始まった映像プロジェクトで、作家自身が黒い服を着てドアを開けて、その中に入るというシンプルな動作を毎年違うドアで行い、撮影し、映像でつなげ、展示するプロジェクトです。

今までの場所
2013 京都芸術センター
2014 Vermont Studio Center /米国
2015 gallery GM-1 /奈良
2016 FRISE /ハンブルグ(独)
2017 天神山アートスタジオ /札幌

_____________


新しく生まれ変わったスタジオサロン。新たに壁一面に書棚を備えたアーカスサロンはこれまでも一般の来訪される皆様に開放してきました。作品と対峙し、作品を通して関連図書をご覧いただいたり、情報交換に集まる来場者とまったり会話できる交流スペース、図書/カフェサロンとしても機能するスペースです。

今回は稲垣智子さんによる映像作品の展示。
彼女がレジデントアーティストとしてアーカススタジオで制作活動していたのは、2004年。13年経った今、稲垣さんの作品を通して現在の活動を古巣のアーカスにて、パメラン・ウォールで発表します。
棚だけでなく、この図書サロンの室内でどんな作品が展示されるかお楽しみに。
アーカスサロンへどうぞお気軽にお立ち寄りください。

14Tomokodoors.jpg
Project ‘Doors’ / 映像 / 2017
photo: 増田好郎

【作家略歴】
稲垣智子
untitled-01026.jpg Photo: Joseph Priestley


2001年英国ミドルセックス大学美術学部卒業。2004年ARCUS Projectにてレジデンス滞在。
日本、女性、そして、類似や二項対立に見え、それを超えたところに焦点を置き、主に、映像、インスタレーション等を制作。
最近の個展には、2017 Art-Uroom/東京、2016 FRISE/ハンブルグ、2015 The Third Gallery Aya/大阪、等。グループ展、2017 ‘Melting Point’、MEM/東京、2016カサブランカビエンナーレ、パフォーマンスフェスティバル‘WROUGHT’/シェフィールド等。