2015年11月15日(日)16:00 -18:00

オープンディスカッション『サイト/地域に特化するとは?-アーティスト・イン・レジデンスと国際芸術祭』

-OPEN STUDIOS関連プログラム

サイト/地域に特化するとは?
-アーティスト・イン・レジデンスと国際芸術


アーティスト・イン・レジデンスと国際芸術祭はいずれも、ある地域に特化した固有の芸術文化活動であることが求められます。一方、アーティストや観客の動きが流動的となった今日、特化すべき先は果たして「サイト/場(site)」、「地域(region)」、それとも「コミュニティ/人々」でしょうか?本トークセッションではお二人のゲストを招き、「地域に特化する・固有であるとはどういうことか」という問いに立ち返って、レジデンスと芸術祭と美術館がいかにしてしなやかで生産的な関係を築き得るか、多角的に話し合います。

ブログはこちらから。

20141031230-200_copy.jpgPhoto:Hajime Kato

【スピーカー】

星野 太 Futoshi Hoshino
20150331_Profile_Picture.jpg
PHOTO:Takayuki Taneko

研究者 美学/表象文化論

1983年生まれ。美学/表象文化論。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。現在、東京大学大学院総合文化研究科特任助教、慶應義塾大学文学部非常勤講師。共著に『コンテンポラリー・アート・セオリー』(イオスアートブックス、2013年)、『キュレーションの現在』(フィルムアート社、2015年)など。

HP


飯田 志保子 Shihoko Iida
Shihoko%20IIDA_SIAF.jpg

キュレーター/東京藝術大学美術学部 先端芸術表現科 准教授
[アーカスプロジェクト ゲストキュレーター2015]

小田井 真美 Mami Odai
IMG_5843.jpg

AIR勉強家/アートプロデューサー

1966 年広島市生まれ。
2008年から2009年まで国際的なAIR研究機関Trans Artists(アムステルダム、オランダ)に派遣され、オランダの文化政策、AIRと芸術家支援に関する調査研究を行う。
2010年から2011年まで 茨城県アーカスプロジェクトのディレクターを務め、札幌を拠点にアーツ千代田3331のMove Arts Japanポータルサイト運営に関わる。アーティストの移動の促進と国内のAIR事業立ち上げを支援する活動を国内各地で行う。現在は、札幌国際芸術祭2014を契機に誕生したさっぽろ天神山アートスタジオで新しいAIRの仕組みづくりに取り組む。
Move Arts Japan
さっぽろ天神山アートスタジオ

【レジデントアーティスト2015】

ティモテウス・アンガワン・クスノ
[インドネシア]

ステファニー・ビックフォード=スミス
[英国]

エドゥアルド・カシューシュ
[南アフリカ]