2015年4月18日(土)14:00〜16:00

- つくば座・もりや座 - ドキュメント展 関連企画1

ワークショップ『新しい星座を考えよう!』

ドキュメント展の会期中、関連企画としてワークショップを開催します。
星座の図は、本来、地上から見た星と星をつなげてそのかたちに見える名前が星座につけられたり、旅人がその星座のある位置で、方角や季節を知ることができます。そんな道案内役でもある「星座」。今回完成した、つくば市と守谷市でできた新しい星座「つくば座」「もりや座」を使って、未来の夢や道すじを星にたとえて描いてみませんか?市内外問わず、年齢対象はありません。ぜひ親子で、または学校のお友達と一緒にご参加ください。


[関連企画1] 4月18日(土)14:00〜開催
ワークショップ
『新しい星座を考えよう!』

人工衛星「だいち2号」と『電波反射器』を利用して大地に描いた星々。それを結んで、君の未来の夢の星座を描いてみよう。

【ワークショップ 申込み方法】
◎メールでのお申込み
件名に「新しい星座を考えよう!参加希望」と明記し、
本文に
1. お名前
2. 参加人数
3. 電話番号
4. メールアドレス を記入の上、
daichinoseiza@arcus-project.comへお申込みください。

◎お電話でのお申込み
アーカススタジオ(0297-46-2600) に、上記の旨をご連絡ください。

ブログはこちらから。

s-axj_0233forWeb.jpg
レクチャーにて「たねがしま座」のかたちを知るこどもたち。写真 ©加藤甫 moriyaza_map.jpg
©googlemap

【アーティスト紹介】
鈴木浩之/すずき ひろし
2010年より地球観測を利用して地上に「星空」を描くプロジェクトを行っている。地球外の視点から地球を見る行為が人の社会認識に影響を与える瞬間を記録し「星空」の画像と共に国内外の展覧会で発表している。2012年、アーカスプロジェクトの地域プログラム関連企画として宇宙芸術ワークショップ「ノアのはこぶ絵」を実施。
現在、金沢美術工芸大学美術科 准教授。