2014年12月20日(土)-2015年1月26日(月)

だいちの星座プロジェクト - 参加団体エントリー募集

『つくば座・もりや座』

アーカスプロジェクトでは、アート&サイエンスをより楽しく体験し学ぶ機会をつくる為に、茨城県南地域を対象に「だいちの星座プロジェクト -つくば座・もりや座-」を開催します。

これは人工衛星を利用して大地に星座を描くプロジェクトであり、金沢美術工芸大学が中心に宇宙航空研究開発機構(JAXA)第一衛星利用ミッション本部の協力を得ながら展開する事業です。
講師にアーティストの鈴木浩之氏、JAXA 地球観測研究センター開発員の大木真人氏を迎え、つくば市のJAXA筑波宇宙センターと、守谷市のもりや学びの里にあるアーカススタジオを拠点としてレクチャーやワークショップを実施していきます。

参加者の皆さんと、つくば市・守谷市を大きなキャンバスに見立て、生活に身近な材料を用いたDIYによって簡単に作れるオリジナルの新しい「星」を地上に設置し、その配置した星=星座を人工衛星に搭載されたカメラによって宇宙から撮影する計画です。

プロジェクトの概要は、こちらのサイトをご覧ください。→だいちの星座HP

「だいち2号」ALOS-2についてはこちら

全国でも初めての規模となるこの壮大なプロジェクトに、つくば市・守谷市でそれぞれ参加して頂ける団体のエントリーを募集します。
ぜひ、大地に星座を描いてみませんか?


【エントリー団体募集要項】
「複数名で構成したチームによるエントリー」での参加者を募集します。つくば市内・守谷市内で「星」をつくるメンバーとして教育機関の指導者や地域の町内会、美術クラブ・科学クラブや街の企業団体などなど...(学校や地域の町内会/こども会の場合は大人が引率できる団体、2名以上のチーム)様々な団体チームでのエントリーを受付けます。各参加団体の代表者は基本的にプログラムSTEP①②に参加することを前提として以下のエントリー方法をよくお読みになり、専用メールアドレスにお申し込みください。


【エントリー方法】
◎メールでのお申込みのみとなります。
「だいちの星座プロジェクトエントリー希望」と件名に明記し、参加希望団体の代表者様の

1. 氏名(代表者名と、メンバー全員の氏名)
2. 住所
3. 連絡先
4. 年齢
5. ご職業または所属団体名
6. 参加人数
7. Eメールアドレス
8. 撮像エントリーポイントの希望
つくば座・もりや座のいずれか

をご記入の上、

daichinoseiza@arcus-project.com
へお申込みください。

エントリー受付期間:
2014年12月20日〜2015年1月26日

◎お電話やメールでのお問合せ
エントリーに関するご質問は、アーカススタジオ(0297-46-2600) または
arcus@arcus-project.com にて受付けます。
(火-土 11:00-18:00)

※定員に達し次第、受付を締め切らせていただきます。予めご了承ください。
誠に恐れ入りますが、もりや座は満員に達したため締め切りました。

20141213omote_outline.jpg
リーフレットPDFダウンロード

20141213_ura_A4outline.jpg
ひとめでわかるプロセスPDFダウンロード

ブログはこちら(其の1234567891011)から。


c31337b8ad5f66f3a4003a41101d2e2d.jpeg 陸域観測技術衛星2号(だいち2号/ALOS-2) ©JAXA 20141213omote_outline.jpg

【プログラムアーティスト・講師紹介】

【鈴木浩之/すずき ひろし】
suzuki.jpg


2010年より地球観測を利用して地上に「星空」を描くプロジェクトを行っている。地球外の視点から地球を見る行為が人の社会認識に影響を与える瞬間を記録し「星空」の画像と共に国内外の展覧会で発表している。2012年、アーカスプロジェクトの地域プログラム関連企画として宇宙芸術ワークショップ「ノアのはこぶ絵」を実施。
現在、金沢美術工芸大学 油画専攻 准教授。
《だいちの星座HP》


【大木真人/おおき まさと】
image2.jpeg


2007年、東京大学大学院理学系研究科地球惑星科学専攻修士課程卒業。現在はJAXA地球観測研究センター開発員。リモートセンシング技術の研究および教育・芸術分野などへの応用研究に従事。2010年IEEE GRESS Japan Chapter 若手研究者賞受賞。IEEE,日本リモートセンシング学会、日本地球惑星科学連合の各学会に所属。
2012年アーカスプロジェクトの地域プログラム関連企画宇宙芸術ワークショップ「ノアのはこぶ絵」のトーク『宇宙から地球を観ることで変わること』のゲストとして参加。
《JAXA 第一衛星利用ミッション本部HP》

【プログラムの流れ】
*こちらのプログラムのSTEP①②に参加することを前提としてエントリーしていただきます。

◎STEP①
レクチャー/製作ワークショップ

だいちの星座プロジェクトの概要のレクチャーと実際に使用する電波反射器をつくるワークショップ。(代表者は2月7日・8日ともに参加されることを推奨します。)

日時|2月7日(土)13:00 - 15:45
会場|JAXA 筑波宇宙センター内 会議室

13:00 -14:00|レクチャー
『人工衛星を利用して絵を描く活動について』

14:15 -15:45|デモンストレーション
『電波反射器のつくり方、教えます』

日時|2月8日(土)10:30 - 16:00
会場|アーカススタジオ / もりや学びの里

10:30 -12:00|レクチャー
『人工衛星を利用して絵を描く活動について』

13:00 -16:00|デモンストレーション・
製作ワークショップ
『電波反射器のつくり方、教えます』

STEP①詳細はこちらから


◎STEP②
製作した電波反射器で撮像体験

参加者が製作した電波反射器を使い、つくば市・守谷市上空を通過する確定した時間帯に、だいち2号から地上を撮像します。

『つくば座の撮像』
日時|2月21日(土)11:00 - 13:00
場所|つくば市内エントリーポイント

『もりや座の撮像』
日時|3月7日(土)10:30 - 12:30 (受付10:00-10:30)
場所|もりや学びの里/アーカススタジオ、守谷市内エントリーポイント
*その他関連プログラムもあり。

STEP②詳細は:こちらから


◎STEP③
「つくば座・もりや座」ドキュメント展

(仮称)
これらの「つくば座・もりや座」の活動成果、またはプロセスを2015年度にアーカススタジオにて展示・発表します。