2014年10月11日(土)・12日(日)13:00~19:00

OPEN STUDIOS 01

オープンスタジオ 01

2014OS_1omote.jpg


アーカスプロジェクトは今年度で20周年となりました。1994年のプレ事業開始から今日までに私たちは29カ国・地域か ら91名のアーティストを招聘し、活動を支援してきました。今年度のアーティスト・イン・レジデンスプログラ ムでは、セイット・バタル・クルト、フロレンシア・ロドリゲス・ヒレス、コンスタンティノス・タリオティスの3名の海外招聘アーティストが100日間、茨城県守谷市にて滞在制作をしています。
「オープンスタジオ」は、彼らが滞在中に行ってきたプロジェクトの経緯や活動成果を発表し、皆様と共有する特別な機会です。彼らの感性が捉え続けた日々の蓄積を体験しに、ぜひ彼らのスタジオへお越し下さい。

第1回目のオープンスタジオでは招聘アーティストたちのプロジ ェクトの足がかりをゲストキュレーターの西川美穂子氏(東京都現代美術館学芸員)と共に探っていきます。2日目の12日[日]には、関東圏のレジデンス運営団体を招き、今、レジデンスを運営していくことの現実的な意義、実践的な挑 戦について話し合います。この機会にどうぞアーカススタジオへお越しください。

ブログはこちらから。

【2014年度招聘アーティスト】

Portrait_Seyit_Battal_Kurt.JPG
セイット・バタル・クルト [オランダ]
Vimeo


Florencia_portrait.jpg


フロレンシア・ロドリゲス・ヒレス
[アルゼンチン]


Portrait_Constantinos_Taliotis_low.jpg

コンスタンティノス・タリオティス
[キプロス]
HP

【タイムテーブル】
*オープンスタジオは途中入退場が可能です。

◎1st day : 10/11 (土)

13:00:オープン

14:00 -15:00:スタジオガイドツアー※

16:00 -17:30:トークセッション

スピーカー:招聘アーティスト×西川 美穂子
3名の招聘アーティストが、現在のプロジェクトについて、それぞれの過去の活動を参照しながら、ゲストキュレーターの西川美穂子氏と共に語ります。

◎2nd day : 10/12 (日)

13:00:オープン

14:00 -15:00:スタジオガイドツアー※

16:00 -18:00:AIRディスカッション
「それぞれの思惑とマニューバー」

パネリスト:
塩見 有子
(NPO法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT]/東京)
小川 希
(Art Center Ongoing/吉祥寺)
葛谷 允宏
(拝借景/取手)
ミヤタユキ
(常陸太田アーティスト・イン・レジデンス/常陸太田)
シムラ ユウスケ
(ふわりの森 国際アーティスト・イン・レジデンス/成田)
庄子 渉
(松戸まちづくり会議 PARADISE AIR/松戸)

《順不同・敬称略》


※スタジオガイドツアー
各アーティストのスタジオを西川美穂子氏(2014年度ゲストキュレーター)と共にまわるガイドツアー。


【ゲストキュレーター2014】
nishikawa.jpg


西川 美穂子(にしかわ・みほこ)

東京都現代美術館学芸員。
慶應義塾大学大学院美学美術史学修了。2004年より東京都現代美術館学芸員。主な企画展覧会に「MOTアニュアル2008 解きほぐすとき」(2008)、「靉嘔 ふたたび虹のかなたに」(2012)、「MOTアニュアル2012 Making Situations, Editing Landscapes 風が吹けば桶屋が儲かる」(2012)がある。

東京都現代美術館のウェブサイトは、
こちらから。