2012年12/14(金)〜12/22(土)

ロッカールーム展 國松美月「きらめき」

ロッカールーム自主企画

「ボールペンでしか表現できない色たち。色と色を重ねたときに出合う複雑な色。水によってにじんでやってきた不思議な色。ホワイトのインクがのせられマイルドになった色たち・・・!ボールペンに出合ってから新たな表情を見つけるべく全力で描いた作品たちです。絵を通してみてくださった方にもボールペンという身近な画材の魅力を知っていただけたら嬉しいです。」

國松美月による、版画作品や、ボールペンを用いての描画が織りなす世界をロッカールームにて発表します。まだ若干高校生である國松は、その表現道具をペンにして色と遊び、自身の世界を見せています。最終日には関連イベントを行います。

kunimatsu2.jpg

國松 美月(くにまつ・みづき)
茨城県取手松陽高校の美術科に通う高校生三年生。愛用している画材はカラーボールペン。未熟者ですが日々全力で作品に向き合って制作しています。
12/20~12/25は取手松陽高校生による卒業制作展(第16回取手松陽美術科展「ー新紀元〜未来への出発〜」つくば美術館)に参加。

ロッカールームについて
ロッカールームは人材育成・地域交流を目的に、アーカスサポーターが自発的・主体的な活動をするための常設スペースとして、アーカスプロジェクトが運営しています。ここでは、サポーターの自主企画の実現を応援しています。