2010年3月27日(土)〜5月30日(日)

橋本聡 個展「行けない、来てください」

ARCUS Japanese Artist Support Program vol.1

アーカスでは日本人アーティストの支援を目的とした新しいプログラムをスタートさせます。先鋭的・実験的な表現や、既存の制度・枠組みではなかなか発表の機会や評価が得られづらい作品などを積極的に取り上げ、ご紹介して行きます。今回は記念すべき第一回として橋本聡の個展を開催します。アーカス・スタジオの4教室および建物周辺までをつかった大規模なものになります。みなさま是非ご来場ください。
 
//////////////////////////////////////////////
 
 

Satoshi-HASHIMOTO_1_throw-a-stone_2010.jpg
throw a stone, 2010
instruction sheet, visitors, stones, wood, etc.

 

橋本聡は、2007年よりアーカス・スタジオをしばしば訪れ、作品を設置してきた。いま「作品」を「設置」と書いたが、そこに置かれた「モノ」が作品なのか、その設置という「行為」が作品なのかは判別しがたい。もう一つ言うと、彼の「モノ」と「行為」は往々にして、それより前の展覧会からの流用であり、未来の展覧会へと繋がっていく。だが、それらは常に誤配され、どこか間違ったやり方で再登場している。もっと言うと、彼の「モノ」と「行為」は展覧会という時間的・空間的な制約の外に広がる日常とも繋がっている。あるいは、そこに切断が見いだせない。だからといって日常生活をそのまま展示空間に持ち込んでいるわけでも、芸術作品や芸術行為をそのまま日常空間で展開しているわけでもない。僕が思うに、彼はアートをめぐる新しいエコノミーを作り出そうとしている。それは人間のエコノミーというよりは、幽霊のそれのようなものだ。制作、展示、鑑賞、記録、保存、売買といった作品をめぐる経済的かつ美学的な分業体制の意図的な攪拌と、非意図的な攪乱。あるいは、見ることの価値を棄却することで発生する、見てしまうものへの恐怖と欲望について。

今回は、橋本聡がアーカス・スタジオの4教室およびその外部を使用して行う大規模な個展となる。是非、ふらりと、展覧会にくるつもりではない気持ちで、幽霊のように来場してほしい。

[遠藤水城/本展キュレーター]

ブログはこちらから。

Satoshi-HASHIMOTO_2_FLOWER_2008.jpg FLOWER, 2008
performer, visitors, high heels, stockings, books, wood, and other works


Satoshi-HASHIMOTO_3_inside-outside_2009.jpg Inside/Outside, 2009
instruction sheet, visitors, wood (paint), thumbtacks, monitor, DVD

橋本聡 Satoshi HASHIMOTO

1977 東京生まれ

2000
B-Semi Schooling System of Contemporary Art 修了

2004-5
四谷アート・ステゥデュウム(近畿大学国際人文科学研究所) 在籍

2006
「Yotsuya ART STUDIUM 最優秀アーティスト賞」受賞

2007
作品カタログ「Wake up. Black. Bear.」WORKBOOKより出版

2008
Asian Cultual Council のグランツにて渡米

2008
ISCP (International Studio & Curatorial Program) [ニューヨーク] に参加

主な発表
2004
「another」GALLERY OBJECTIVE CORRELATIVE [東京]
「pictogramophone : POSTE RESTANTE」(コラボレーション) BankART1929 [横浜]
「デュエット」[Spiritual Exercise にて] GALLERY OBJECTIVE CORRELATIVE

2005
「Re」GALLERY OBJECTIVE CORRELATIVE
「無題 (埋める)」多摩川河川敷 [東京/神奈川]

2006
グループ展「rock in rucksuck」東京芸術大学 [東京]
「Make up black box」[pose LOOP dOOr / do or LOSE rOSE にて] GALLERY OBJECTIVE CORRELATIVE
「Wake up. Black. Bear.」GALLERY OBJECTIVE CORRELATIVE

2007 
「keep sleep, not deep sleep」maru gallery [東京]
「land escape」[Experiment Show にて] 旧四谷第三小学校体育館 [東京]
「REMEMBER」[OPENING EXHIBITIONS にて] 遊戯室 [茨城]

2008
「frame」38th & 39th streets, 8th & 9th Avenues [ニューヨーク]
「FULCRUM」sh site [ニューヨーク]
「FLOWER」ISCP [ニューヨーク]
「fruit」タイムズスクエア (Between 44th & 45th streets) [ニューヨーク]
「Focus」[グループ展「point」にて] Alternative Space Loop [ソウル]
「foot」スクラッチタイル [横浜]
「One dozen」[Alpha M projectにて] art space kimura ASK? [東京]

2009
「gift」CAMP/Otto Mainzheim Gallery [東京]
「each/reach」[Whenever Wherever Festival にて] 森下スタジオ [東京]
「This River」 [シンポジウムにて] Yotsuya Art Studium [東京]
「outside/inside」[グループ展 EMPORIUM にて] レオナルド・ダヴィンチ科学博物館 [ミラノ]

2010
「投石」[日韓アーティスト・批評家交流展point にて] 京都芸術センター[京都]