2008年6月28日(土)〜29日(日)

アートを見るプロ養成合宿

テーマ「アートとお金」

昨今、美術家と一般の人たちが共同で作り上げていくアート・プロジェクトが増えつつあります。その一方で、アートのシンポジウムとかトーク、レクチャーとやらは、相変わらず、一方通行的です。「話す人」と「聞く人」が、はっきりと分かれています。
こんな関係って、じつに古くさい。
そこで、合宿です。
講師と受講者の垣根を取っ払って、お互い、膝をつき合わせて語り合いたい。
大笑いしたり、ムキになったりしたい。
濃密で素敵な時間を築きたいと思います。

新川 貴詩

【内容について】
合宿第二弾!
今回のテーマは「アートとお金」です。
空前のアートバブルと言われる中、日本でもこの春いくつかのアートフェアーが開催されました。多くの作家にとって作品が売れることは喜ぶべきことです。
しかし、突然売れてしまうがゆえの弊害、投資目的の作品売買なども行われる現状では、アーティストにとっていい時代になったとは一概には言えません。春に行われたアートフェアーに絡め、展覧会という見せ方、お金になりづらい表現方法、企業のメセナ活動など、幅広く「アートとお金」について考える合宿にしていきたいと考えています。アートコレクターの深瀬鋭一郎氏をゲスト講師に招き、美術作品を所有することについて支援する側からの意見を紹介していただくと共に、アートとお金にまつわることを中心にディスカッションを繰り広げたいと思います。皆さまのご参加、心よりお待ちしております。


※ご参加を希望する方は、連絡先電話番号を明記の上、FAXまたは予約フォームにてアーカス・スタジオまでご応募下さい。締切は6月20日(金)になります。応募者多数の場合もございますので、参加決定通知を6月24日(火)にさせていただきます。多数の場合の選考は抽選となります。


【公式サイト】
http://a-camp.web.officelive.com/

youseikouza2_1.jpg

【講師】
shinkawa.jpg新川 貴詩
(しんかわ たかし)

1967年生まれ。早稲田大学第一文学部卒、同大学院情報通信専攻修了。雑誌「i-Dジャパン」編集部などに勤務した後、執筆活動を開始。著書に『残像にインストール 舞台美術という表現』(光琳社)、編著書に『明和電機会社案内』(アスペクト)、『小沢剛世界の歩き方』(イッシプレス)などがある。著述業に加え、展覧会企画やワークショップ講師、学校教員なども務める。

【ご意見番】
fukase.jpg深瀬 鋭一郎
(ふかせ えいいちろう)

深瀬記念視覚芸術保存基金 代表(独立キュレーター、コレクター)
1963年生まれ。東京大学法学部卒。1991年から現代美術コレクター。1998年より深瀬記念視覚芸術保存基金を設置してキュレーション活動を本格化。パブロ・ルイズ・ピカソ財団在日ジェネラル・コーディネーター、国際交流基金フェローシップ受入機関・指導教官、新宿ダンボール絵画研究会事務局長、エコ・アート大賞審査委員会幹事を経て、アースデイ東京、100万人のキャンドルナイト、Human Be-inなどの芸術ディレクター 等を歴任。現在トウキョウミルキーウェイ総合ディレクター。2008年第17回モンブラン国際文化賞受賞など受賞・ノミネート多数。

【プログラムキュレータ】
igarashi.jpg五十嵐 純
(いがらし じゅん)

1984年東京生まれ。
多摩美術大学絵画学科油画専攻四年次在籍。
同大学内で2007年5月より、学生自主運営スペース鑓水青年美術館を設立、企画運営を行う。『The House展』(08.05)出品など作家としても活動中。
 

onoyuki.jpg小野 由姫
(おの ゆき)

1979年生まれ。
多摩美術大学美術学部彫刻学科卒業。
画集出版、展覧会企画会社勤務を経て、2008年MADのキュレーション・プラクティスコース修了。