アーカスプロジェクト

沿革/スタッフ

プログラム

施設紹介

茨城(守谷)とアート

アクセス

リンク

施設紹介

レジデンス期間中はアーティストのスタジオとなり、展覧会会場やレクチャー、ワークショップなど様々なイベントが催されているアーカススタジオは元小学校の校舎を転用した守谷市の生涯学習施設「もりや学びの里」の中にあります。同施設は、音楽室、体育館、調理室、創作工芸室、和室、校庭広場などを広く市民に開放し、多くの市民が様々な目的で活用しています。

レジデント・アーティストはひとり1教室(W:9m×D:7.5m×H:3.3m / 面積:67.5m2)を滞在期間中のスタジオとして利用します。教室には黒板や掃除用具入れ、物入れ棚など小学校時代使われていたものがそのままのかたちで残っています。

room1.jpg
2013building%20floor%20plan_en_small.jpg