アーカスプロジェクト

沿革/スタッフ

プログラム

施設紹介

茨城(守谷)とアート

アクセス

リンク

守谷市とその周辺

鬼怒川つくばエクスプレス

アーカスプロジェクトの拠点、アーカススタジオがある守谷市は人口約6万5千の茨城県南部に位置する都市です。東京都心からは約40km(つくばエクスプレス快速で約30分)で、茨城県で東京に最も近い街といわれています。2005年に開通した鉄道路線「つくばエクスプレス」は電化製品およびオタク文化の中心である東京・秋葉原と日本の科学技術研究の要所であるつくば学園都市を結ぶ非常にユニークな性格を持つ路線です。守谷駅はその中間に位置し、東京から茨城への玄関口となっています。

利根、鬼怒、小貝という3つの川に囲まれた守谷市は、古くは城下町であり、その後しばらくは農村でした。つくばエクスプレス開通後は、東京への便の良さからベッドタウンとして急成長し、現在でも数多くのマンションが建設中です。同時に、周辺部には風情ある農村がいまだに残されており、新規移住者の居住地域と明確なコントラストを生み出しています。また年間7億4000万本もの生産数を誇るアサヒビール茨城工場が存在するのも守谷市の大きな特徴です。希望者は工場を見学することもできます。守谷市にはアーカスプロジェクトの他にも多くの芸術文化イベントがあり、多様なサークルによる文化活動なども盛んです。

茨城県南地域のアートシーン

アーカスプロジェクトのある守谷市は茨城県の南部に位置しています。この地域は多様で旺盛な文化芸術活動が展開されています。

写真提供:アートギャラリーT+

つくば市 http://www.city.tsukuba.ibaraki.jp/

つくば市には日本の科学技術研究の拠点である筑波大学があり、それに伴い様々な研究所がひしめき合っています。宇宙航空研究開発機構(JAXA)や高エネルギー加速器研究機構(KEK)などはその最たるものでしょう。筑波大学にある芸術専門学群では芸術学、美術、構成、デザインの4専攻があり、これまでに明和電気などユニークなアーティストを輩出しています。また学内には学生による自主運営アートスペース筑波大学アートギャラリーT+[ティータス]があり、若い学生たちの作品をみることができます。

取出市

写真提供:取手アートプロジェクト「はらっぱ2007」

取手市 http://www.city.toride.ibaraki.jp/

取手市には東京藝術大学の分校であり、インターディシプリナリーな表現を学ぶことのできる東京藝術大学先端芸術表現科のキャンパスがあります。日比野克彦、小谷元彦など第一線で活躍するアーティストたちが教鞭をふるい、これからのアートシーンを担うアーティストの卵たちを育てています。また、取手アートプロジェクトも取手市のアートを語るうえで欠かせないものです。市民が主体となって毎年11月に行なう大規模なアートプロジェクトは、地域振興に貢献する現代美術のあり方の成功例として国土交通省の地域づくり表彰審査会にて国土交通大臣賞を受賞するなど高い評価を得ています。

牛久市

写真提供:うしく現代美術展事務局

牛久市 http://www.city.ushiku.ibaraki.jp/

牛久沼に接している牛久市では地元美術家たちが旺盛な活動を継続的に展開しています。毎年開催される「うしく現代美術展」は彼らの作品が発表される大規模な展覧会として有名です。また牛久市には高さ120mにもおよぶ世界一大きな仏像「牛久大仏」や日本初の本格的なワイン醸造場「シャトーカミヤ」など驚きと発見を誘う見所があります。

茨城県の美術館とアートシーン

茨城県天心記念五浦美術館

茨城県天心記念五浦美術館 http://www.tenshin.museum.ibk.ed.jp/

日本近代美術の創成期に中心的な役割を果たした岡倉天心(1863-1913)は、『東洋の理想』(1903)、『日本の目覚め』(1904)、『茶の本』(1906)の3冊を立て続けて刊行した後、茨城県は五浦海岸にその拠点を移しました。木村武山、菱田春草、横山大観、下村観山ら教え子を呼び寄せ、日本美術院をその地で再興することが目的でした。天心自ら「東洋のバルビゾン」と称したその地は近代日本画という一つのジャンルを確立していく拠点として大きな役割を果たしました。この美術館には、彼らが残した優れた日本画が収蔵されています。美術館の周辺には日本美術院研究所跡、茨城大学五浦美術文化研究所(旧天心邸・六角堂)、天心の墓なども残されています。

茨城県近代美術館

茨城県近代美術館 http://www.modernart.museum.ibk.ed.jp/

茨城県の県庁所在地である水戸に位置するこの美術館は、茨城県ゆかりの作家である横山大観・小川芋銭をはじめ、日本と西洋の近代美術を中心に数多くの作品を収蔵・展示しています。また敷地内には、東京都新宿区下落合にあった水戸出身の洋画家・中村彝のアトリエが復元されています。 中村彝(1887〜1924)は、明治末期から大正時代にかけて、レンブラントやルノアール、セザンヌなどに影響を受け、それらを吸収・反映した画風を展開し、日本の洋画界に大きな足跡を残しました。彼の代表作である「エロシェンコ像」(1920)は重要文化財として国立近代美術館に収蔵されています。茨城県近代美術館には彼の代表作である「裸体」(1916)、「雉子の静物」(1919)、「カルピスの包み紙のある静物」(1923)が収蔵されています。

水戸芸術館現代美術センター 水戸芸術館現代美術センター

写真提供:水戸芸術館現代美術センター

水戸芸術館 http://www.arttowermito.or.jp/

水戸芸術館は1990年に開館。ギャラリー、コンサートホール、劇場からなる複合文化施設です。100メートルのシンボル塔を中心とした磯崎新による建築も特徴的でよく知られています。 ギャラリーでは現代美術を専門とし開館以来、クリスチャン・ボルタンスキー、クリスト、ジェニー・ホルツァー、ジェームズ・タレル、ダニエル・ビュレンヌ、イリヤ・カバコフ、クロード・レヴェックなど海外アーティストの大規模な企画展を開催してきました。 加えてゲストキュレーターとして美術評論家・椹木野衣による「日本ゼロ年」展(1999年)、松井みどりキュレーションの「夏への扉-マイクロポップの時代」展(2007年)を行っています。「川俣正デイリーニュース」展(2001年)、椿昇「国連少年」展(2003年)、「宮島達男|Art in You」展(2008年)など日本の現代美術を鋭い視点で紹介する企画展の他、フィギュア制作会社の全貌を紹介した「造形集団 海洋堂の軌跡」展(2005年)、日本初の大規模なグラフィティ・アート展「X-COLOR/グラフィティ in Japan」(2005年)などサブカルチャー領域にもおよぶ意欲的な企画を行っています。さらに若手美術家を取り上げる個展シリーズ「クリテリオム」も70回を超え常に注目を集める展覧会として知られています。 逢坂恵理子、長谷川祐子、森司、浅井俊裕、窪田研二などの優れたキュレーターを輩出し、現在も竹久侑を中心に日本を代表する先鋭的なキュレーターが活躍しています。

また、美術館周辺にはアーティストが運営する「水戸のキワマリ荘」など小規模ながらも独自の活動を展開するアートスペースが存在しており、水戸のアートシーンを盛り上げています。